'; ?> 銀行融資審査WEB

銀行融資審査

銀行融資審査について

銀行融資の中でも特に人気のカードローンを利用するなら、知名度のある銀行のカードローンを選べば安心して利用することができます。
たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローン(バンクイック)です。三菱東京UFJ銀行は、2種類のカードローンを用意していますが人気なのはバンクイックの方です。

 

カードローンは申し込みをすると必ず融資の審査を受けることになるので、銀行融資を受ける場合は事前に審査の準備をしておいた方が良いでしょう。書類なども必要になってきますので、準備しておかないと予想以上に審査期間がかかってしまいます。

 

三菱東京UFJ銀行に限った話ではありませんが、融資の審査の際にはしっかりとした審査を行っています。私達が銀行から融資を受ける際に注意しなければならないのは、正確な情報を提供するということです。申込書などの提出書類に不備があると、審査に時間がかかってしまうばかりか、審査否決ということにもなりかねません。いい加減な人という印象を持たれては銀行にかぎらずどこの融資でも審査は厳しくなります。あらかじめ必要事項を確認しておくなどしてしっかりと準備をしておきましょう。

 

 

人気の銀行カードローン

銀行融資の中でも銀行サイドが最も力を入れていると言われているのがカードローンです。カードローンは個人向け融資の一つですが、目的融資と違って多目的である分多少利率が高めなことと、比較的少額を繰り返し利用するケースがあるということで力を入れるところもあるようです。

利用する側にとってはやはり貸し渋るところよりも積極的にやっているところのほうが利用しやすそうで魅力的ですね。そんな銀行カードローンの中で、特に人気のカードローンをご紹介します。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

通称バンクイックと呼ばれるカードローンです。CMや駅などでの広告で知名度はかなり高く、最大手の一つである三菱東京UFJ銀行が発行するとあってかなりの定番人気を誇っているカードローンです。

 

 

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローンもエグゼクティブプランが登場してから低金利カードローンとしての人気を博しています。融資の下限金利が3.0%、上限金利はなんと7.0%です。エグゼクティブプランは限度額が200万円以上からのコースですから、200万円の金利が7.0%ということになります。これは他のカードローンと比べても確実に低金利な水準にあるといえます。

 

 

 

カードローンの限度額

同じ銀行融資でも、カードローンは住宅ローンなどとは違い、使用目的などほぼ関係なくお金を借りる事ができる便利な融資商品になっています。そんなカードローンの審査に申し込む場合、どの点において比較し検討すれば良いのかと言うとまず、大切なのが限度額になってきます。審査までのスピードも重視しなければいけない点ではありますが、審査までのスピードの場合、さほど違いがないのが正直なところとなっているのが現状です。しかし、限度額においては、銀行によって大きな開きがあり、最高限度額においては、500万円から1000万円ほどの開きがある場合もあります。これはあくまでも審査通過時点ではなく利用後に増額を積み上げた場合の最高限度額になるものの、多くの額の融資を望む場合は、重要視しなければいけない点になってくるのです。

 

 

金利を比較することも大切

現在ではさまざまな銀行がカードローンを取り扱うようになっています。銀行融資の審査申し込む際は、各種カードローンのメリット・デメリットを確認し、きちんと比較をすることが大切です。特に、カードローンによって金利が大きく異なっているため、金利をチェックすることが重要になります。できるだけ金利の低いカードローンを選ぶことで、返済が楽になるのです。
ただし、銀行融資を受けるには審査に通過する必要があります。金利の低さだけで選んでしまうと、審査で引っかかってしまうこともあるので、金利以外の面も比較しておくことが大切です。審査の進め方や基準は、銀行ごとに異なる部分があります。スムーズに審査が進められる銀行を選ぶようにすると安心です。

 

 

審査スピードを十分に比較する

カードローンを利用する場合、少しでも早く審査が終わる銀行を選ぶことがポイントです。審査の進め方は銀行ごとに異なっているため、審査スピードにも違いが出てきます。あらかじめ、さまざまなカードローンの情報を集めて、審査スピードなどを比較しておく必要があるのです。十分な比較をすることが、銀行融資をスムーズに受けるためには必須となっています。
ただ、審査スピードが速いかどうかだけで決めてしまうのは危険です。審査スピード以外にも、金利や担当者の対応などを比較する必要があります。スピーディーに銀行融資が受けられても、金利が高くなっているのでは返済が困難になるだけです。安心できる金利のカードローンを見つけることが大切です。

 

 

いろいろな銀行融資

みずほ銀行の審査を受ける

みずほ銀行でカードローンを利用する場合は、最初に審査を受ける必要があります。みずほ銀行では、エグゼクティブプラン、コンフォートプランという2種類のカードローンが用意されていて、どちらのプランになるかは審査の結果によって決められることになっています。両方とも利用限度額は1,000万円ですが、金利は異なります。
融資を受けたい場合は、きちんと審査に通過することができるように準備しなければなりません。みずほ銀行では、適正な基準に従って審査を進めていくため、カードローンを初めて利用する人でも安心することができます。普通預金のキャッシュカードを持っている人なら、すぐに利用できるところが特徴です。200万円までであれば、収入証明書も不要です。

 

 

 

 

じぶん銀行の融資可能金額について

auユーザーなら最大で0.5パーセントも割引きされるお得なカードローンのじぶん銀行カードローン、利用者も多いと思います。まだ利用したことがないという人のために知っておいてほしいことがあるので説明したいと思います。
じぶん銀行カードローンは金利が低いというメリットのほかに、融資金額が非常に大きいというメリットもあります。なんと最大で800万円まで融資してもらえる可能性があります。まとまった金額を融資してほしいという人にはとても心強いカードローンなのです。ただし、すべての人が800万円までの融資が受けられるわけではありません。じぶん銀行がその人の返済能力を審査して、融資の上限が決まるのです。
融資上限はじぶん銀行カードローンを実際に利用して返済をしていったり、年収が上がったりすることによって変動することがあります。

 

 

安心できる金利の住信SBIネット銀行

カードローンを利用するときに銀行を選ぶ人が多いですが、住信SBIネット銀行はネット銀行なので、一般的な銀行よりも金利水準が低くなっていて便利です。銀行で融資を受ける際は、返済のことが心配になりますが、金利水準が低い住信SBIネット銀行のカードローンなら、スムーズに返済を進めていくことができます。
住信SBIネット銀行のカードローンは、事業資金としての利用は不可ですが、それ以外は原則として使途自由です。幅広い目的で借り入れることができる点がメリットとなっています。ネット銀行だからといって、審査が適当ということはなく、しっかりとした基準で審査を行うようにしているため安心です。借入の際のATM手数料が無料なのも良いです。

 

 

ネットで安心の借入

ジャパンネット銀行のカードローンは、インターネットで申し込みをすることができるため、忙しい人にとっても利用しやすいです。手続きの方法が分かりやすく、スピーディーに融資を受けることができます。丁寧に審査を行うように心がけていて、初めてカードローンを利用する人でも不安を感じることがありません。
ジャパンネット銀行では、パソコンだけでなく、携帯電話から申し込みをすることも可能です。借り入れたお金は、普通預金口座に入金されるという流れになっています。返済する際の注意点は、普通預金口座から引き落とされるということです。返済日までに、お金を用意しておく必要があります。利用明細は、インターネットで24時間、確認することができます。

 

 

低金利の楽天銀行

楽天銀行のカードローンは、最大で500万円まで融資を受けることができます。限度額が300万円までなら、収入証明書の提出も原則として不要なので、申し込みがしやすいです。楽天銀行の大きなメリットは、融資を受ける際の金利が低くなっている点です。返済をする際の負担が小さくなります。専業主婦やパートタイムの人でも申し込むことができるのが特徴です。
楽天銀行で融資を受ける際も、きちんと審査を受けなければなりません。審査に通過することができないと、カードローンの利用は認められないため、適切な手続きに基づいて申し込むことが必要です。申し込む際には、不備のない書類を提出することで、審査がスムーズに進められるようになります。

 

 

イオン銀行のカードローンを利用する

イオン銀行では、低金利で利用しやすいカードローンを用意しています。必要になったときに、必要な金額だけ融資を受けられる点がメリットです。利用する際の極度額は、30万円から800万円というように幅広くなっています。14時までに申し込みを完了させれば、原則として即日で回答を受けることができるので、借入までの時間が短いです。
スムーズにカードローンを利用するためには、審査がスピーディーに進むように準備する必要があります。申し込みをする前に、融資を受けるために必要な書類を確認しておくことが大切です。手続きで不備が見つかると、審査の時間が長引いてしまうため、初めてで慣れていない人などは注意しなければなりません。

 

 

銀行融資の審査なら

銀行融資の審査要件を確認するなら以下のサイトがおすすめです。
銀行融資〜必見!人気の個人向けカードローン(http://www.amyventura.net/
銀行融資の中でも、メガバンクやネット専業銀行の融資案件についてまとめられています。
銀行融資といっても、個人向けであれば住宅ローンかカードローンがメインになってきます。そのうちカードローンに絞って、金利や限度額、審査スピードなどがまとめられています。

 

2017/02/14 17:14:14 |
日本における銀行の原型は、室町時代に生まれ江戸時代に発展した両替商だったと言われています。お金を商売道具にしていたわけで今で言う預金のような機能もすでに江戸時代には出来上がっていたそうです。ただし、今の銀行と言う形になるのは明治になってからです。江戸時代の両替商はお金のやり取りの過程で手数料を徴収することで利益を得ていたそうです。それが明治になってから当時の先進国であるイギリスなどをモデルに銀行に衣替えしていきました。NHKの連ドラ『あさがきた』でも、主人公が嫁いだ両替商が銀行に商売替えする際の葛藤がいろいろと描かれています。両替商と銀行の大きな違いは事業融資をするかどうかという点にありました...
2016/11/12 14:17:12 |
三井住友銀行の公式サイトでは大きく分けて6つの融資メニューがあります。住宅ローン、カードローン、目的別ローン、アパートローン、リバースモーゲージ、開業医ローンです。住宅ローンクロスサポートと呼ばれる共働き夫婦向けのローンがあります。クロスサポートとは、夫婦二人で住宅ローンの融資を受け、その後どちらかに万一の事があった場合でも、住宅ローンが0になるローンのことです。通常は残された方の名義分の住宅ローン残高は残るものですが、そこまでなくなるというローンです。もちろん、その他にも8大疾病保障付きなどの一般的なものもあります。カードローン三井住友銀行の口座を持っていてインターネットバンキングから申し込...
2016/11/10 14:47:10 |
みずほ銀行には、約10の融資カテゴリがあります。住宅ローン、ホームエクイティローン、リバースモーゲージローン、みずほMyWing、カードローン、多目的ローン、教育ローン、リフォームローン、アパートローンなどです。この中では、ホームエクイティローンやリバースモーゲージローンが珍しいローンです。と入っても、早い話が住宅を担保にしたローンといえます。リバースモーゲージローンとは、高齢世帯向けのローンで、自宅を担保に、その資産価値の範囲内でカードローンなどを利用する融資商品になります。自分が亡くなった後にその家を銀行に差し出すといった感じのローンですから、返済がありません。また、ホームエクイティローン...
2016/10/09 07:48:09 |
三菱東京UFJ銀行は日本を代表するメガバンクの筆頭と言って良いでしょう。三井住友銀行と双璧をなしています。こちらの融資としては法人向けのものが主流となりますが、個人向け融資も扱っています。カードローンではバンクイックというカードローンが大変人気があります。